スポンサーリンク
スポンサーリンク

Denon新発売スピーカーHOME 高音質にこだわり、Air Play&Bluetooth

デノンHOME 150と250はネットワークスピーカーでAmazon Music HDとAlexa対応で音質重視の高音質で新発売
スポンサーリンク

Denonから、新製品

ネットワークスピーカー が発売されました!

新発売になるスピーカーは、2種類

DENON HOME 250 と、DENON HOME 150

ハイレゾ対応なので

Amazon Music HDでハイレゾ対応のスピーカーを探している人

Amazon Prime Musicでもっといい音で聴きたい人にもピッタリ。

発売は、2020年2月下旬

おおまかな DENON HOME 150と250の特徴は

Bluetoothスピーカー

Airplay2にも対応

最近、Airplay対応のスピーカーが少なかったので嬉しい!

Amazon Music や、Spotify など6つのストリーミングサービス対応しています。

Amazon Alexaで音声操作できる、のも良い!

DENONの音質重視スピーカー

めちゃくちゃいいなぁ。欲しいです。どんな音か、聴いてみたいです。

まずはどんなスピーカーか紹介しますね。

スポンサーリンク

DENON HOME スマートスピーカーは2種類が新発売

DENON HOMEは、日本で発売されるのは2種類です。

DENON HOME 150

価格は32,000円、モノラルで、色は、白と黒があります。

DENON HOME 250


価格は48000円、ステレオで、色は黒のみ

スポンサーリンク

Amazon Music HD、ハイレゾに対応

Amazon Music HDとは、新しく始まったアマゾンのハイレゾ楽曲&CD音質のストリーミング。CDと同じか、それ以上の音質で聴ける、聴き放題のサービスのこと。

Amazon Music HDについて詳しく知りたい方は↓

Amazon Music 【HD】CDと同じかもっと良い音で聴き放題
Amazon Music HDとunlimitedの(料金と音質)違いは何?と詳しく調べてみた。ハイレゾの曲数はまだ少な目?でもお得にお試し入会したい。 対応機器(iphoneやスピーカー)はそんな気にしなくてOK。

Amazon Music HDを、高音質で聴きたいので、ハイレゾ対応しているスピーカーが欲しかった人に、ピッタリです

高音質にこだわりデノンのスピーカーHOME150とHOME250

同じデノンのネットワークスピーカーで、HEOSというのがあります。

今回新発売になったデノンHOMEシリーズ。

前期種HEOSよりも、もっと音質優先で作ったネットワークスピーカー、ですって。

音質重視、音質優先で作ったのがわかる特徴は。。。

素材もこだわり、ドームツイーターとコーンウーハーもカスタムメイド。
形は、円柱型のものが多い中( Amazon Alexaもそうですよね)、従来のスピーカーの形である、四角。

音場や、音の広がりを出すより、正面に音を出すスタイルです。

前に座って、きっちり聴いて欲しい〜、てことですね。

今回のこのスピーカーは、形からだけでも、

機能面より音を良くしたいという、デノンの音に対するこだわりを感じます。

デノンが、オーディオメーカーとしての、プライド、意地で頑張って作ったんじゃないか、と思えるネットワークスピーカー。

こんなのを待ってた。

だから聴いてみたい、欲しいんですー。

DENON HOME 150、主なスペック

DENON HOME150は、モノラルスピーカー

  • サイズ 120x120x187(高さ)
  • 色   白、黒
  • 重量  1.7kg
  • ツイーター 25ミリ 13w
  • ウーファー 89ミリ 35w
  • 消費電力  20w

Amazon Echoと比較すると

Amazon Echo の第3世代のサイズは99x99x148、重量が780g。

大きさ(サイズ)はそう変わらないんですが、大きく違うのが、その重量なんです。

なんと、1kgも違う。

DENON HOME150の方がも1kg近く重い!

これからも、DENON HOMEは、良い部品を中に使ってるのだろうなーっと予想できる。

(ステレオって、重い製品の方が音がいいって思うのは、私だけ?)

この重量からも、音重視の設計、って伺える。

なお、DENON HOME 150自体は、1台だとモノラルだけど、DENON HOME150を2台組み合わせると。。。

1組のステレオシステムとして使うことができます。

いいなー。

DENON HOME150はデザインもおしゃれ。

2台置いてると、ピュアオーディオの、スピーカーみたい。

買うときは、まずは、1台。増やす楽しみもある〜。

DENON HOME 250、主なスペック

DENON HOME250は、ステレオスピーカー

  • サイズ 295x120x217(高さ)
  • 色     黒のみ
  • 重量       3.7kg
  • ツイーター 120ミリ 18w  を2個 搭載
  • ウーファー 102ミリ 22w  を2個 搭載
  • 消費電力  26w

横に長いスタイル。

低音がめっちゃ出そうな感じ。

ステレオだし、AV用を考えてるのかな?

色は、黒のみ。

(日本以外では、白も販売してるのにな。買うなら白がいいから、これは残念だわー)

Amazon.com(アメリカのアマゾン)では、白は販売してた。

けど、日本へは送ってくれない。

なんで日本のデノンなのに、日本向けの方が色が少ないのだろう?

家電店や、Amazonで買えなくてもいい。

時間かかってもいいから、デノンから直接の取り寄せ対応とかで、白も買えるようにしてくれたらいいのにな。

黒は部屋が黒くなるから、買うなら白がいいから、これは残念だった。

ハイレゾ音源の再生に対応

スピーカーユニット自体は、ハイレゾ信号には非対応。

デコードして、44.1kHz/16ビット、CD音質に変換しているとのことです。

再生さえしてくれたら、ハイレゾ信号なんて、そのまま再生でなくても問題なし。

CD音質があれば、それで十分。

CD音質以上出ても、きっと、人間の耳では聞き分けられないでしょうし。

その他、DSD、WAV、 FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応。

Airplay2とbluetoothに対応

Airpaly 2に対応、これが嬉しい!

ブルートゥースに対応はたくさんあるけど。

最近、Airplayに対応のスピーカーが減ってきて、買いたくて探してもなかなかなくて困ってたのです。

iphoneやipadから、音楽を飛ばせしたいから便利っ。

もちろん、ブルートゥースにも対応ですよ。

DENON HOME スピーカーの端子

  • USB端子
  • ネットワーク端子
  • ステレオミニ、アナログ入力端子

があります。

USBメモリーに保存している音楽も聴ける、と説明にあり。

ストリーミングサービスはamazon music HDやstotifyなど

デノンHOME150と250は、ストリーミングサービスに対応しています。

  • Amazon Music HD
  • Spotify
  • AWA
  • SoundCloud

Amazon Music HDは、少し前から始まった、CDと同等か、それ以上の音質で聴けるという、聴き放題プラン。

Amazon Music HDについて詳しくは↓

Amazon Music 【HD】CDと同じかもっと良い音で聴き放題
Amazon Music HDとunlimitedの(料金と音質)違いは何?と詳しく調べてみた。ハイレゾの曲数はまだ少な目?でもお得にお試し入会したい。 対応機器(iphoneやスピーカー)はそんな気にしなくてOK。

spotifyは、無料&有料のプラン。

無料プランは、広告付き、スキップ制限、ダウンロード不可能などの制限がありますが、無料です 笑。

(spotifyの、なんで? って思うところ→ spotifyの無料プラン、日本だけ、制限がきついのだ。30日で、15時間だけ無料、という制限があるのは日本だけなんですよ。 なぜ?〜)

AWAとsoundcloudは、よく知りませんのでパス。

インターネットラジオ

インターネットラジオは、tuneinのデータベースから検索できる、とありました。

それ以外の情報は見つけられず。。

Amazon Alexa 対応

アレクサで、音声コントロール対応。

スマホなどを使わず、アレクサに呼びかけをすることで、音量調整や再生・停止ができます

もちろん、Amazon Musicの中から、曲名やジャンル・アーティスト名・年代を指定して再生することも可能。

ただし、Amazon Alexaは別途必要。

??????

最初は、Alexa対応なのに、なんで別途Alexaが必要なのか、最初はわかりませんでした。

そこらのスピーカー(入力端子のある)に、Amazon Alexaをつけるのと変わりないんじゃ?  と思ったんです。

でも、よく考えたら違いました。

Denon Home 150 Denon 250 とAmazon Alexaを繋ぐと。。。

Tunein ラジオや spotifyを聴いているときでも、「アレクサ、音を小さくして」など、声の呼びかけでできる

ってことですね。

なので、デノンHOMEは、マイクはついていないです。

HEOSシステム

HEOS とは、独自のシステムのこと。

DENON HOME 150と250は、このHEOSを搭載したネットワークスピーカーです。

簡単に言うと、デバイスを同一のネットワークに繋ぐと、アプリからコントロールできる、というもの。

例えば。。。

あっちの部屋で聴いていた続きを今度はこっちの部屋で聴きたい、とか、

あっちの部屋とこっちの部屋で同じ音楽を流す、とか、に便利。

家にあるスピーカー全部を、HEOSスマホアプリで全部一括でコントロールするってことですね。

HEOSは、最初の設定時にも使うようです。

余談ですが。。。

HEOSの読み方、知ってました?

私は、今まで へオスって読んでました。

正解は、ヒーオス、です。

知らなかった。笑

タッチセンサーでボタン操作

Denon Home 150 Denon 250ともに、上部に物理ボタンはありません。

タッチセンサー式です。

おしゃれ。

内蔵の近接センサーにより、本体上部に手を近づけるとバックライトが点灯して操作パネルのボタンが表示され、アプリを使うことなく再生、停止、音量の調整などの操作が行えます。

DENON HPより

他にも、3つのクイックセレクトボタンがあり、

お気に入りのインターネットラジオ局やAUX INなどの入力ソースをワンタッチで呼び出せるクイックセレクト機能を搭載。登録したい入力ソースの再生中に、本体上部のクイックセレクトボタンを約3秒間押し続けるだけで登録が完了します。

DENON HPより

至れり尽くせり。

あー、DENON HOME の説明を読めば読むほど物欲が。。。

今使ってるのが同じデノンのスピーカーENVAYA

めちゃ気に入ってます。

音めちゃくちゃ良いのに、なんでこんなにメジャーじゃないのか、不思議なほど。

でも、もうバッテリーが、満タンになってもすぐ切れちゃう。

満タンにして、翌日に使おうとしたら、バッテリーがゼロに。

なんで! ムッキーって状態なんです。涙(バッテリー交換できたらいいのにな。)

だから、これ、欲しいー。

バッテリーを気にしないで良い、据え置き型。

長く使える、音の良い、でも、小型のスピーカーが欲しい。

あと、デノンの音、音作りの姿勢が好き、です。

変に強調した音(特に低音とかね)とかでなく、ちゃんとした音が、”音楽”が聴ける。

ENVAYAもそう。あんな小型で、”音楽”が聴けます。大好き、ENVAYA(バッテリー以外)

DALIのスピーカーの代理店をしてたときも、DALIのスピーカーを、他国と変わらない価格で販売してくれてたのも好印象。

内外価格差がすごい(なんで日本だけこんな価格で販売してるの?)っていう代理店も多いので、良心的な販売価格が嬉しかった。

あー、ステレオ大好き。音楽大好きな血が騒ぐ。

ホワイトデーにねだってみよっかな。

バレンタインデーにあげたチョコレートは手頃価格だったけど。(もう少し高いのをあげたらよかったなっと言っても後の祭だわっ)

音質重視でデノンが力を入れて作ったネットワークスピーカー。

ハイレゾ対応なので

Amazon Music HDでハイレゾ対応のスピーカーを探している人

Amazon Prime Musicでもっといい音で聴きたい人にもピッタリ。

Air Play対応なので、iPhoneや、iPadの人は。Bluetooth より、使いやすい。
Bluetoothより音がいいから好き。

買ってみようかな。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナチュフリーライフ