ユーカリ 土おすすめと配合は?鉢植えで10年以上育った経験から

ユカーリの育て方。鉢、肥料、土。植木鉢の絵
リラックス・癒し

ユーカリの苗を買った当時。。。ユーカリの土は何が良いのか、土の配合はどうすればとか、育て方について情報が全くなく困りました。ネットで調べても、参考になる話が見つからなかった。

それから早いもので、もう10年以上。

手探りで始めたユーカリ栽培。あーでもないこーでもない、と失敗もしましたが。。。

家のユーカリは元気に育ってくれました。ベランダで鉢植えのユーカリですから、環境が良い訳では無いけれど、すくすく大きくなってくれて。

植え替えするとき悩んだその経験からも、ユーカリに良いと思う土のおすすめと配合の仕方、肥料と鉢選びについて、書いていきます。

ユーカリの苗を買ったはいいが。。の疑問
  • ユーカリの土おすすめ
  • ユーカリの土の配合は
  • 肥料のオススメ
  • 肥料をやるタイミング、頻度や回数
  • ユーカリ の鉢はどれがおすすめ

ユーカリの苗を買って、土や鉢、肥料の選び方、ユーカリの育て方がわからず、悩んでる人のお役に少しでもたちますように。

スポンサーリンク

ユーカリの土 おすすめは

ユーカリは、ジメジメした湿った土は苦手。ですが水は大好きってユーカリが多いです。(ユーカリの種類にもよりますが)

我が家のレモンユーカリもそうです。

家のユーカリは鉢植えですが、↓の土でうまく10年以上育ってます。

ユーカリを鉢植えにするなら、鉢も根腐れしにくい鉢を選ぶとなお良いです。また後で書きますね

ユーカリにはひゅうが土がおすすめ

ユーカリにひゅうが土がおすすめの理由は。。。

ユーカリは、根腐れしない、根腐れしにくい土をが良いからです。

根腐れしにくい土とは、水はけの良い土ともいえます。

家の鉢植えのユーカリに使っているひゅうが土

ひゅうが土 粒の大きさは細粒で

ひゅうが土は、粒の大きさが4種類あります。ユーカリの土はひゅうが土(日向土)細粒、です。気をつけて選んでください。

ひゅうが土の大粒は、鉢底石に使ってもOK。←鉢底石より安いので、我が家では鉢底石の代わりに良く使います。

あと、土は重いために送料が高い! です。送料込みの値段で探しみると、値段が結構違うことも。ありますなのでできるだけ安いのを見つけてくださいね。

ひゅうが土は再利用可能

ひゅうが土は、少し値段も高めですが、粒が壊れにくく、再利用可能なのが

酸性の鹿沼土は避ける

鹿沼土はどうですか? と聞かれたので、*追記です*

ひゅうが土よりも鹿沼土の方が販売している店も多く、買いやすいのですが。。。

鹿沼土は酸性。ユーカリの土に酸性が強めの鹿沼土は合わないのではないか、と思っています。(ブルーベリーなど、酸性を好む植物には鹿沼土が良いそう)

なのでユーカリの土には、酸性の鹿沼土でなく、日向土を中心に(配合して)使っています。

ユーカリ 土の配合はしたほうが楽【鉢植え】

次は、ユーカリに合う、土の配合がしたい場合です。

土の配合は面倒なので基本的にやりたくないんで、ユーカリは日向土だけでもいいと思うのですが。。。

水やりが楽になる?

実は、ひゅうが土は、保水性がほとんどありません。なので。。。

日向土だけだと保水性が足りず、水やりの回数が増えちゃうんです。

特に初夏から夏のユーカリ の成長期は、水遣りに追われがち。

土の配合も面倒だけど、水やりの回数が増えるのも面倒くさい。笑

そこで、土の配合をいろいろ試してみた結果、↓の配合に落ち着きました。

赤玉土のみ配合する

パーライトや藻、ピートモスなどもひゅうが土と配合してみました。詳細は省きますが。。。(いろいろ試しすぎ 苦笑)

結果、ユーカリの土は、日向土が主体。混ぜる土は赤玉土のみの配合にしました。

これでも、水やりの回数は、日向土のみの時よりずいぶん減らす事ができるようになりました。
今は赤玉土のみにしているその理由は、下↓の方にこっそり書きました。笑

赤玉土の選び方、硬質をオススメする理由

赤玉土は、ホームセンターでも通販でも、買いやすくてよいです。

が、1つだけ注意するのは、赤玉土の選び方です。硬質と書いてある赤玉土 がオススメです。その理由は、赤玉土の性質。

赤玉土は日向土と違って、割れます。割れちゃうと、泥(粘土)のようになってしまって。。。すると赤玉土が根詰まりを起こしやすくなる土に変身してしまうから、なのです。

それが、“硬質”の赤玉土だと、割れにくいです。(安い赤玉土だとすぐ粉々になってしまったので、ここだけは気をつけて選んでほしい)

私は、下に書いてるメーカー(産地?)の赤玉土を使ってます。値段は普通の赤玉土よりも高めですが、その値打ちはあります!!硬くて、割れにくいです。

送料もかかるので、送料込みで比較してみてくださいね。(値段が結構違うから)

3本線の赤玉土の印象は良かったです。値段だけのことはありました

または↓2本線硬質赤玉土(少量で買えるので使いやすい)

実は、赤玉土のみの配合にする前は、ピートモスなども混ぜて、保水性を高めてみた時もありました。
が、色々な種類を混ぜて使うと、残った時が面倒で。。。(捨てるわけにもいかないし、保管場所に困る)

で、今はこの2つの種類の土だけで育ててます。それでも、立派にスクスクと元気に育ってますよ

市販でユーカリ用に配合した土はなし

市販でよくある、〇〇の土。例えば、ブルーベリーの土とかありますよね。ユーカリ専用の土、って探しましたが販売されてなかった。

一番気になったのは観葉の土。手頃に使えそう、と悩みましたが、やめました。

ユーカリって湿気に弱いので、もう少し排水性が良い土の方が合ってる気もしたので。。

ユーカリの土、赤玉土とひゅうが土の配合 割合

私は、ユーカリの土は、ひゅうが土多めにしています。だいたい8割がひゅうが土ですね

理由は、ひゅうが土の方が安いのが理由です。でも、↓に書きましたが、水やりは夏は面倒です。

水やりが好き、できる人のユーカリ土の配合

水やりが好きな人向けのユーカリ土の配合は、ひゅうが土が8割、赤玉土2割ぐらい。

先に言ったように、初夏から夏のユーカリ の成長期には、頻繁に水遣り(1日2~3回)することになるかもしれません。日当たりや、環境にもよるのですが。。。

それが苦にならない人向けの配合割合です。笑

留守がち・面倒な人向けの土配合

面倒くさい、とか、留守にしがち、という方は、もっと赤玉土の割合は多い方が良いと思います。赤玉土・ひゅうが土5割までは大丈夫だと思います。

場合によれば、もう少し赤玉土多めても良いかもしれません。

ただ赤玉土多めにするなら、↓に書いたように、崩れにくい、硬質の赤玉土必須です。

赤玉土が多めなら赤玉土の硬質を選んでね

注意点は、赤玉土を多くする場合。。。

つぶれにくい硬質の(上質な)赤玉土を使ってくださいね。赤玉土がつぶれて、粘土みたいになるのだけは避けたいですから。

硬質と普通の赤玉土は、少しの値段差なら、硬質をオススメ。使い比べると違いを感じます。

ユーカリの肥料 おすすめは3種類

ユーカリの肥料は、3種類使ってます。土に肥料は混ぜません

それで大丈夫かって心配されるかもしれませんが、我が家のユーカリはフサフサ、元気に育ってます。

住友液肥

住友液肥の葉物用

住友液肥の使い方

液肥は、液体の肥料で、水に溶かして使います。

微分ハイポネックス

2つ目は↓微粉ハイポネックス

微分ハイポネックスの使い方

微粉ハイボネックスは、細かい粉です。水に溶かして水遣りの時にやってもいいし、鉢にパラパラと撒いても良いので、使いやすいです。

ミリオン ソフトシリカ

3つ目は↓ミリオン ソフトシリカ

ミリオン ソフトシリカの使い方

鉢の上に、パラパラと巻くだけ。量も大雑把に、ひとつかみぐらい。

使うタイミングも、ユーカリの葉色が悪くなってきたとか、元気がなくなってきた?とか、弱ってきたかなぁと思った時に。

あげすぎると良くないと思うので、控え目に

肥料はいつ? 与える頻度や回数

いつ肥料をあげるか、と、肥料を与えるタイミング、悩むと思います。私も悩みました。これで記事が1つ書けるぐらい。。。

季節によって回数を変える

家のユーカリは、1週間に1度、肥料をやってます。成長期の春から初夏には、週に2度くらい。

肥料を与えすぎると大きくなる

肥料を与えすぎると、大きく成長するのが早いです。ただでさえ、ユーカリは大きくなる品種が多いので悩みどころ。
大きくなると植え替えも考えないといけないので、家では、肥料はできるだけやらないように育ててます。

肥料の使い分け

住友液肥葉もの用微分ハイポネックス、2つの肥料の使い分けは、大体交代にしています。つまり、今週は住友液肥、今週は微粉ハイポネックス、というぐあいですね。

ユーカリが何となく元気ないかなと思うと、微粉ハイポネックスの回数を多いめにしたり。

どちらか1つの肥料にしたいなら、微粉ハイポネックスのみでもいいと思います。

ユーカリは、品種さえ選べば、丈夫で育てやすいし、香りも良いです。我が家のグロブルスも、レモンユーカリなどは、、紅茶に生葉でも、乾燥葉でも入れると幸せ〜な気分になりますっ。

たとえ、アブラーと夏に戦う日が来ようとも。巨大なピンク色のあいつ(オエーッ)に出会ってしまっても 。。。

ユーカリの鉢植え【植替え】通気性重視の鉢がおすすめ

買ってきた苗を植え替える鉢、その選び方も大事、です。

ユーカリは、根腐れしにくい通気性の良い鉢を選ぶ、のが良いですよ。その理由は。。。

水は好き。だけど!!! ジメジメした状態は嫌いなユーカリが多いから、です。

我が家のユーカリに使ってる鉢は、これです。使いやすいし、なんといっても安い!  なのでとりあえず、スリット鉢にして、うまく育ったらキレイな鉢にする、でも良いですもんね。

スリット鉢とは

↓の写真の鉢が、スリット鉢です


スリット鉢とは、見た目どうり、鉢にスリットが入ってるもの。鉢の下の方の横側に、切れ目(スリット)が入ってます。この、何気ないスリットに、なんだそんなことーっておもうかもしれませんが。。。

このスリットがあるだけで、通気性がすごーく違ってきます。(根が丈夫に育つらしい)

根詰まりしないスリット鉢

ユーカリは育ててると、すぐ大きくなって。。。根詰まりします! (断言)

その度に植え替えなんかしてられません!(キッパリ)なので、ユーカリには、このスリット鉢が、役に立つ、のです。

つまり。。。
根詰まりするぐらい根が育っても、スリット鉢だと根が呼吸できるから、なのでした。

ユーカリにこの、スリット鉢はピッタリ。

というか、このスリット鉢、どんな植物にもいいですよ。育てやすいです。根が、スクスク、大きく、丈夫に育ちます。

バジルもスリット鉢 健康で大きく育つよ

スリット鉢を使ってみて良かったなーと感じたのは。。。やっぱり湿気に弱い植物でした。

バジルにはぴったり(バジルは加湿に弱いから)

反対に、紫蘇にはあまり向いてなかった、です。(紫蘇は、もっと湿気があった方が良かった)

で、このスリット鉢そんなにいい鉢なら、高いんじゃ、って感じるかもしれませんが。。。

安い!

このスリット鉢は、とっても安いから、オススメなんです。7号鉢(直径21センチ)で、200円から300円ぐらい。

サイズもたくさんあるし、ロングサイズと、普通サイズがある。

軽くて、持ち運びしやすい。土を入れると、重くなるので、軽い方がよいですもんね

レモンユーカリ、ユーカリグロブロス、カマルドレンシスは全部、この鉢でスクスクと育ってます。バジルを育てても、ワサワサと葉が一杯。

バジルにこのスリット鉢が良いのかなと思った理由に、普通のプランターだと虫がよくついてたのに、スリット鉢に変えてからは、虫が1度もついてなかったんです。(植物は弱ると虫がつきやすい、というのもあるのかもしれない)

スリット鉢 大きさと種類も多い

レモンユーカリの苗を買ってきて、初めて植え替えした時から、スリット鉢を使いました。八段のサイズですが、今は、スリット鉢の7号です。

最初に植え替えたのは、確か6号か、5号鉢、だったかな。(うろ覚え)

植え替えを何度もするのは面倒だーって人は、最初から7号でもいいと思います。こまめにやるなら、最初5か6号で、次は7号ぐらいで植え替え、かな。(買ってきた苗の大きさにもよるけど)

7号ぐらいでも、背丈は1.5メートルぐらいにすぐ、なります。いや、放っておけば、2メートルいくかなぁ。(これ以上大きくしたくないので、7号鉢より大きくするつもりはない、のだ)

植物が健康に育ってくれるスリット鉢。安いし、植物が健康に育ってくれるので、大好きな鉢です。

アマゾンだと、鉢は安いけど、送料の方が高いという。。。楽天とかのお店で、肥料や土、サイズ違いのスリット鉢と一緒に買うとか、の方がよいかも。もしくは、ホームセンターなどにあるかもしれないので、探してみて下さいね。

スリット鉢ロングサイズ↓


スリット鉢はロングじゃない普通サイズもあります。
ユーカリや、バジルは、ロング鉢の方が良いかなと思う。(根がすごーーく育つので)

ユーカリの水遣りのコツ

根は、常に空気を必要としています。

水やりの時も、水を始末して、鉢の底から出るぐらいあげましょうって言われます。
でも水がもったいないから〜と。。。
水やりの水を、鉢底から出ないギリギリにあげるのは良くない水遣り。

水やり、鉢底から水が出るまで与える理由
  • 水が鉢底から出ることによって、空気が動く
  • 根が新鮮な空気を吸える

根詰まりすると、ユーカリ(ユーカリ以外でも)が弱る、ってのもわかります。

ユーカリ 苗を通販で買う時のコツ

ユーカリの苗を買う時、自分の目で確かめて、良い苗(元気な苗)を買えると一番良いのですが。。。家も近くで売ってる店がないので、苗は通販で買いました。

アドバイスは、通販は自分の目で苗を確かめられないので、信頼できるところで買いましょう!
当たり前すぎるアドバイスですが、それしか言えない。(ネットの写真と全然違って、売れ残りとしか思えない弱々しい苗が送られてきた事もあるし)

で、考えたアイデアというかコツ。多めに苗を注文する事、です。

1つの苗を鉢植えで育てようと考えてる場合でも。。。2-3個の苗を注文するんです。で、その2-3個買った中から、1番強そうな苗を1つだけ選んで育てる。

捨てちゃう残りの苗はかわいそうなのですが。。。でもその苗を育てて、今から10年以上の長い付き合いすることを思えば、その方がいいかもって。

苗の個体差というのは絶対あるから、強い苗と弱い苗の違いは大きい! です。

家のレモンユーカリのように、弱い個体に当たると。。。ずっとアブラーとお付き合いするはめになるかもしれないし、ねぇ。

小さい苗なら、値段も安いので、こういう方法もあるよ、ということで。。。。参考なりましたら。

タイトルとURLをコピーしました