スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑貨

ikeaのカーテン、サイズが長くて安い! リネンもあるよ

丈の長さが長いサイズのおしゃれで安いikeaのカーテン雑貨
スポンサーリンク

カーテンの丈について、どれぐらいの長さが、一番良いのか? 悩んだことがあります。

既製品のカーテンなら、いくつかサイズがあって、窓に合わせて選びますよね。

  • 掃き出し窓だと、床から少し(数センチ?)上
  • 小さい窓だと、窓枠の少し下

とか。でもそれが本当に一番良い丈のサイズ(長さ)なの? なんだかスースー風が通るけど、これで良いのっ? て。

スポンサーリンク

カーテンの丈(サイズ)と裾上げの長さ?

カーテン販売のお店のHPを、いくつか、見てみたら

  • 掃き出し窓→床からマイナス1〜2センチ
  • 腰窓→下の窓枠からプラス15~20センチ

と書いてあるところが多かったです。

我が家のカーテンは、床より数センチ長め。(いや、15センチくらい長いかも?) 床からプラス5〜15センチ、です。

床にひきづっている状態です。

でも、このだらしない感じの丈の長さが、実に快適だったんです。

何故?

それは断熱効果が思ったよりあったから

なぜそんな丈のカーテンを使い始めたか、というと、イケアでカーテンを買ったことから、でした。

スポンサーリンク

[ikea]のカーテンの良いところは?

カーテンって、決して安くない、です。丈が長くなれば、なおさらで、掃き出し窓用(180センチ以上のサイズ)は、結構な値段になる。

イケアのカーテンを買おうと思ったのは、色々と良いところがあったから。

ikeaのカーテンは丈が長い

でもイケアのカーテンは、丈が長いのに、安いのが多い、です。丈の長いものを探している方には、本当にオススメ。

ikeaのカーテンはリネン100があった

他ではなかなか見つけられない、リネン(麻)100バーセントのカーテンがあります。(リネン100パーセントのカーテンは、販売してるところはなかなかないんです。もしあっても超高い。それに比べると、イケアのリネンカーテンは丈も長いし、お得感がある。)

私が買った時は、ikeaのカーテン丈は、殆どが250センチもありましたよ。

[ikea]カーテンのデメリット

イケアのカーテンは、良いところもあるけど、うーんってデメリットもあります。

裾上げは自分でする?

細かいサイズ展開は販売しているのではなくて、1サイズでの販売。なので、買ったカーテンを自分の欲しいサイズにするには

  1.  裾上げサービスを頼む(もちろん有料ですが)
  2.  自分で裾上げをする (ミシンで縫う)
  3.  自分で裾上げをする   (裾上げテープで貼り付ける)

になるんです。

3.の自分で裾上げ、は、イケアに、アイロン裾上げテープっていうのを販売していました。アイロンの熱で布を接着(糊付け)するようなものです。これなら、縫わずに簡単に裾上げできそうかな?

で、私は1,2,3のうち、どうしたかというと、そう、 裾上げせず、そのまま使用してます。(だから必要以上にドベーッと長い)

柄物・色数が少ない

ナチュラルなものが多いので、柄物のカーテンは少なくて、色の種類も少ないです。綿100のものは結構ありました。

快適!長い丈のカーテンのメリット

なぜ長い丈のままで使うようになったかという理由はね、

寒かったので、買ってきて、洗ってすぐ、カーテンをつけておいた。(そのうち、裾上げしようと思って) それから、丈を短くしようと思いつつ、季節は過ぎ。。。

でも、これが意外に快適で〜。

冬は暖かい

暖房していても、足元がスースーして寒い時ありますよね? どこから、風がきてるの?って。

そのスースーする風は、カーテンの下の隙間から来てる時もある。

そんな時、裾を引きづる丈の長いカーテンだと、足元がスースーする風がこない。断熱効果で、中の暖かい空気も逃げにくくなります。良いことづくめ。

夏は涼しい

夏も意外にこの長いカーテンが良くて。

めちゃめちゃ暑い時や、クーラーの効きがイマイチに感じた時って、窓から冷気が逃げてる時もあるそうです。(カーテンと窓の間の空気がモワッとと熱い時ありますよね?)

夏も、断熱効果で、クーラーの冷気が逃げにくい!

ヨーロッパでは長い丈のカーテンが当たり前!?

お気に入りの長い丈の、だらしない感じのカーテン。このカーテンの丈って、本当はありなんじゃないか、と気になってネットで調べてみたら、なんと、

ヨーロッパでは当たり前、なんて話も。

床からプラス15センチくらいの写真を載せている、輸入カーテンのお店もあったりして。ヨーロッパは、寒さが厳しいところも多いから、丈の長いカーテンが多いのかな?

部屋の中まで靴ばきの国なのに、カーテンが長いなんて、汚れそうに思いますが、見かけの汚れより、寒くない方を(実益を)選ぶのかも。

冬の防寒にも、夏の酷暑にも良い、良いことづくめのような丈長のカーテン、気をつけることも。

長い丈のカーテンのデメリット

足を引っかけないように注意する

あまり長すぎると、ドベーッとなって、じゃま。

そのひきづったカーテンの近くを歩いた時に、足を取られて、つまづいたりしないよう気をつけてね。中に折り込んだり、する手間がちょっと面倒。

ホコリも巻き込みやすい

ドベーット長いので、その辺のホコリを巻き込みやすいこと。

掃除する時には、カーテンを持ち上げて、カーテン下の床を掃除してます。

家のカーテンは長すぎるから余計、面倒なことになってます。でも、切ると勿体無いような気もするので〜。(というか、買ったまま吊ってるだけだろって)

というわけで、カーテンの丈の話でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナチュフリーライフ