水筒【サーモス 象印 タイガー】比較 サーモス水筒壊れたので買い替えたのはどれ

水筒の選び方 象印タイガーサーモスからサーモスに買い替えるまでと選んだ理由
雑貨

サーモス マグタイプの水筒を愛用してました(夫が)が、突然。。。

洗ってる時、ペキッて音がして、割れちゃった。壊れる時はあっけないもんですね。

サーモス水筒10年以上使ってました。耐久性が素晴らしかった! 

買い替えたいけれど、サーモス・象印・タイガー以外に、今まで知らなかったメーカーもたくさんだし、種類も多くて迷ってしまう。でもよーく調べてみると。。。

メーカー毎に特徴・違いがすごいあるのがわかりました。

デザインや色だけでなく、気になるのが加工方法。フッ素加工などは、メリットもありますがデメリットもあるので、どの水筒がフッ素加工しているか、わかりにくいですから。。。

水筒の選び方に迷ってる人に向けて、書いてみます。どの水筒がいいか、悩んでる方の参考になりますように。

スポンサーリンク

買うなら【サーモス 象印 タイガー】の水筒、と選んだ理由

何年前に、サーモスの水筒を買った頃は、サーモス以外は、象印とタイガーなどの水筒しか無かったような気がしますが。。。

最近は、アイリスオーヤマ・パール金属など、色んなメーカーから販売されてるんですねー。余計迷っちゃう。

新しく水筒を販売してるメーカー
VS
古くから水筒を作ってきた、サーモス・象印・タイガー、の3社のメーカー。

どちらが良いのでしょう?そこで、1番気になる、値段の比較をしてみます。

アイリス・パール金属vsサーモス・象印・タイガーの値段を比較

公式HPやAmazonで値段をチェックしてみました。すると。。。

値段はあまり違わない、にびっくり

古くから水筒を作っているメーカー(サーモス・象印・タイガー)と、比較的新しく水筒を販売し始めたメーカー(アイリスやパール金属など)の水筒は、価格がそう違いませんでした。

この結果に少しびっくり。(アイリスやパール金属の方が安いと思い込んでたから)

値段がそれほど違わないなら。。。長く販売して歴史のある、サーモス・象印・タイガーから買替え水筒を選ぼう、と決めました。

次は。。。象印・タイガー・サーモス、の3社の比較をしてみます。

スポンサーリンク

象印の水筒

まず、象印。レビューを見ると。。。

レビュー「作りがしっかりしている」の声が多い

サーモスやタイガーと比べて、作りがしっかりしている、と書いてる人が多い。

ワンタッチ栓なら↓

象印(ZOJIRUSHI) SM-SF48-AM ミントブルー
¥2,291 (2024/02/15 12:34時点 | Amazon調べ)

ソフトな色合いの8色で持ってるだけで嬉しい。

色がキレイ

パッと目についた水筒はこれ

象印 SM-ZB48-VM ライラックパープル
¥2,291 (2024/02/19 12:48時点 | Amazon調べ)

シンプルなデザインで、色も素敵。シームレス栓は良さそう。

デザインが良い

調べた限りの象印の印象は、
おしゃれなデザインがカッコいい
・見た目も頑丈そう
です

価格はタイガー・サーモスより高めが多い

タイガーやサーモスより少しずつ価格が高めのものが多かったです。象印は、サーモス・タイガーと比べて、大きい企業だからかな?

私も最初、見た目がすごく気に入って、殆ど象印にしようと決めかけたのですが。。。気になった事がありました。↓に書きますね

象印の水筒 内側が【フッ素加工】が特徴

象印の水筒、他の水筒とは違う特徴がありました!それは。。。

内側のステンレスに、フッ素加工してます。

フッ素加工のメリット

汚れがつきにくい(茶渋とかがつきにくい)。汚れが落ちやすい。と言うのがメリットです

フッ素加工のデメリット

フッ素加工していると、塩素系の漂白剤での漂白がしにくいです。その他にもフッ素加工については、色々な意見があります。

例えば、テフロンフッ素加工のフライパンやポットは、健康や環境面など。。。

↓同じ水筒メーカー、タイガーのHPにも

  フッ素コートの環境負荷
このように、フッ素コートは優れた特性があります。しかし、コーティングの際に使用する化学物質のなかには、環境に負荷を与えるものもあります。

タイガー公式

私は、水筒は、フッ素加工してない方が好きです。

フッ素加工していても、茶渋などの汚れは、つきにくいかもしれません。だけど全く茶渋などの汚れがつかない、という事でもないだろうから。

それに、もし汚れが気になったら。。。

その時に、酸素系の漂白剤で漂白しちゃえばいいので、フッ素加工よりステンレスの方がかえって使いやすそうに感じます

タイガーの水筒 フッ素加工に反対しています

タイガーは、フッ素加工の水筒に反対でした。

タイガー公式HPに、”タイガーのステンレスボトルは「NO・フッ素コート」でお手入れカンタン!”とあります。

とはいえ、タイガーの水筒もステンレスそのまま、ではないようで、加工はしています。
↑から抜き出してみたのが↓の説明

タイガーステンレスボトルはフッ素コートを使わず、独自の研磨技術「スーパークリーンplus(プラス)」加工を施すことで、ボトルの内面にニオイや汚れ、サビがつきにくく、環境に優しいだけでなく、お手入れの手軽さも実現しています。

タイガー公式HPより

タイガーのスーパークリーンプラス加工って気になる。。。

タイガーの水筒は、スーパークリーンプラス 加工

スーパークリーン プラス加工って気になったので調べてみました。(スーパークリーンplus 加工は、スーパークリーンのバージョンアップ版)

タイガーのHP、よくある質問、にありました。

Q.
スーパークリーン加工とは何でしょうか?

A.
本来ステンレスの表面は凸凹がありますが、それをより滑らかで光沢のある鏡面加工を施し、汚れや臭いをつきにくくしたものです。

タイガーHPより

タイガーで選ぶなら

いくつかある中、選んだのは

シンプル型

タイガー魔法瓶TIGER MMZ-K501XM
¥3,441 (2024/02/18 19:07時点 | Amazon調べ)

ワンタッチオープン型

タイガー(TIGER) MKA-K048WK ホワイト
¥2,378 (2024/02/15 12:34時点 | Amazon調べ)

色は象印の方が鮮やかですね

タイガーも悪くないけど、決め手にかけるなぁ。よしっ、残るはサーモス、いってみよっ

サーモス水筒

サーモスの水筒は、今まで長く使ってきました。耐久性バツグン、傷も目立たず、漏れもなく、大満足。

ただ、ワンタッチオープン型だったため、長く使うと。。。飲み口のプラスチック部分の汚れが目立ってくるのが気になる。

なので、今度買うなら。。。ワンタッチオープン型より、シンプル型にしてみようかと思ってました。

しかしっ。サーモスの水筒は進化してました。
↓で説明しますね

ワンタッチオープン型

今は、ワンタッチオープン型でも、蓋のところ、バラバラにできる進化をしてました。(↓の商品説明のところに画像あり)

洗いやすく進化

蓋のところが、バラバラに分解できるので、洗いやすくなってました。

サーモス(THERMOS) アッシュホワイト JNL-506 ASWH
¥2,364 (2024/02/19 12:48時点 | Amazon調べ)

シンプル型

サーモス(THERMOS) カーキ JON-480 KKI
¥3,340 (2024/02/12 07:59時点 | Amazon調べ)

サーモス、色が少ない。年々色が減って残念

サーモスって、元々色が少ないのに、ますます色数が減ってきてるのがざんねん。(白と黒は多い)

買った水筒はブロンズ色、好きな色なので復活希望です。笑

理由 サーモスの水筒を買ったのは?

象印、タイガー、サーモス、と比較して、結局、サーモスを選びました。理由は。。。

1 象印はフッ素加工が気になった。
2 タイガーは、スーパークリーン加工、がよくわからなかった。
なので。。。

加工がない、サーモスを選びました。

そのサーモスの中で、この機種を選んだ理由は。。。シンプルだから。(今は生産終了になっています。) 洗いやいので、嬉しいです。

後継機種は↓ 

サーモス(THERMOS) マットグリーン JOE-361 MTGR
¥1,999 (2024/02/18 15:20時点 | Amazon調べ)

象印とタイガーとサーモスを細かく比較しました。その結果。。。

またサーモスの水筒を買いました。これからもきっと長く使うことでしょう

タイトルとURLをコピーしました