スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑貨

エプソムソルト風呂、ミネラル(マグネシウム)補給と温め効果

エプソムソルトの塩でミネラル補給の塩田風景雑貨
スポンサーリンク

血液検査で、ミネラル不足を指摘されました。

特に、マグネシウムが不足してるんだそう。
でも、ミネラル不足と言われても、ミネラルってなーに? 状態。

栄養の事は全くわからないので、本を借りて、勉強してみた。

 

マグネシウムは不足すると。。。

心疾患、高血圧、女性に関係の深い骨粗鬆症、筋肉の痙攣(足がつったり)とか。
色々なところに関係する、大事な栄養らしい。

なのに、マグネシウムって、1日に必要と言われている推奨量を、食事だけで摂るのって、大変で、不足している人が多い栄養素ですって。

不足のマグネシウム、どうしよう。。。
サプリかぁ。。。

で、探して見つけたのが、エプソムソルト! でした。

 

エプソムソルトを風呂に入れると、少しマグネシウム不足が補えるって書いてある。(経皮吸収するから)

おまけに温め効果(発汗作用)もある

エプソムソルト、って何か、の説明と、使ってみたレビューをどうぞ。

試してみたい人の役に立ちますように。

スポンサーリンク

エプソムソルトは見た目は塩、だけど。。

そういえは、ずい分昔。エプソムソルト、買った記憶がよみがえってきた。

お風呂に入れるとすごーくあったまる。汗がドバーッと出るよっ、と聞いて。

その当時は(というか、今までずっと思ってたけど)エプソムソルトは、エプソムソルトっていう、塩の種類の1つで、どこかの国で取れる、特殊な塩なんだろって思ってました。

しかーし、実は全然違った、のだ。エプソムソルトは、塩じゃなかったんです。シークリスタルス(エプソムソルトを製造販売してる会社)の商品説明を見てはじめて知りました。

なんで塩(ソルト)でもないのに、ソルトって名前つけたんだー。紛らわしいよっ。

スポンサーリンク

エプソムソルト(エプソム塩)は、塩じゃない?

もう1度言います。エプソムソルトは、ソルトって名前だけど、塩じゃありません。(ひつこい?)

実は、エプソムソルトは、マグネシウム、です。

ウィキペディアによると

エプソムソルトとはエプソム塩(エプソムえん)とも呼ばれるが、「硫酸マグネシウム (magnesium sulfate)」の日用品としての名称。

化学式は MgSO4 で示される、硫酸とマグネシウムの無機化合物である。

塩(えん)の名が付いているが、硫酸マグネシウムの純粋な結晶であり、食塩(しお、塩化ナトリウム)は含んでいない。

Wikipediaより

エプソムソルトと呼ぶ理由(名前の由来)

エプソムソルトは塩じゃない。エムソムソルトはマグネシウム。じゃぁ、何でエプソムソルト、って呼ぶのか。めちゃ気になるわぁ。。。って思ってたら、その理由があまりにも、大胆というか、適当につけちゃったのね、感がフツフツと湧く話、でした。

これもウィキペディアによると

15世紀~16世紀にイングランドのエプソムという場所で発見され、見た目が白く食塩に似ていたためにその名が付いたと言われている。

by Wikipedia

そーですか。
。。。。。
もう、何も言いません。(文句言いません)

なぜエプソムソルトと呼ぶか、わかっただけで良かった。1つ知識が増えて、ちょっぴり賢くなった、気がするし 笑

エプソムソルトの効能、風呂に入れて入浴するメリットは

ようやくここから本題へ。

エプソルソルトを風呂に入れて入浴すると、

皮膚から、エプソムソルトの成分である、マグネシウムを吸収する。

 

少しの吸収でも、ミネラル不足の解消に役立つなら、嬉しい。

 

体もポカポカします。

クナイプ(バスソルト)も、オレンジリンデンバウムはすごい温まる入浴剤ですね。

でも、風呂を上がってからの、ポカポカ〜が持続する時間は、エプソムソルトの方が長い気がします。

ポカポカが長く持続するのは、皮膚から成分を吸収してるから、というのもあるのかもしれません。

エプソムソルトは風呂の塩素も中和(除去)してくれる

風呂の湯、1番風呂は特に、塩素の臭い匂いがうっ、となりますよね。

塩素は健康に良くないし、息苦しい感じになるのがイヤなので、いつも、塩素を除去するグッズを使っています。

風呂とシャワー、塩素の臭い匂いを除去するために選んだ方法

塩素の臭いが匂い! 風呂で塩素を除去するグッズおすすめ
塩素の臭いにおい。風呂の塩素は体(皮膚や髪,肌)にダメージになるっ。塩素 除去のオススメ1番はビタミンC(安いから) シャカートリッジ無しのシャワーヘッドもおすすめですよ。安くお得に塩素除去をしよう!

 

このエプソムソルトを入れるだけでも、塩素を中和(除去)できるんですね。

知らなかった。

シークリスタルス(エプソムソルト製造販売の会社)のyou tube動画を見つけました。

 

湯をためる前に、バスタブにエプソムソルトを入れておくと、塩素も中和しながら、湯をためれますね。

硫酸マグネシウムと塩化マグネシウムの吸収率?

ネットを詳しく見てると、硫酸マグネシウムより、塩化マグネシウムの方が吸収がいいって人がいました。

先の説明(ウィキペディア)で、エプソムソルトは硫酸マグネシウムって書いてあったけど、塩化マグネシウムって何? またわからん。で、またまた調べてみました。そしたら

塩化マグネシウムは、にがり、でした。豆乳を固めて豆腐する時に入れる、アレ、です。塩化マグネシウムの方が吸収率がいい、っていうのはよくわかりませんでした。

にがりを入れてお風呂に入る〜よりも、エプソムソルトを入れて入浴する〜って方が、おしゃれな感じがするし、効きそうな気がしたので(気分も大事だよ)

エプソムソルトを風呂に入れてみようっと。

岡山県産、シークリスタルスのエプソムソルトを買ってみた

アマゾンや楽天で、色々な種類(販売元)のエプソムソルトが販売されてました。結構な種類があって、迷う。

その中で、どこのエプソムソルトがいいかなっ?と、値段やレビュー、メーカーや販売店のHPを見て、選んだのはこのメーカー(販売元)のエプソムソルトにしました。

シークリスタルスのエプソムソルトを選んだ理由

選んだ理由はいくつもあります。

  • 日本産(岡山県産)のエプソムソルト
  • 岡山のふるさと納税にも選ばれている
  • 送料無料
  • たくさん買えば、割安になる
  • 食品添加物基準で製造されている

販売会社は、株式会社 ヒロセ。
2007年から、エプソムソルトを国内で製造・販売している会社です。

ヒロセは、楽天でも販売してますが、そのHPではエプソムソルトだけを販売してます。

なんかそういうのって、良くないですか?
自信を持ってるというか、エプソムソルト1筋、みたいな。

事実、楽天のHPを見たら、エプソムソルトの効能や、使い方、を詳しく書いてある。
エプソムソルトにすごーく愛を持ってるように感じます。

 

上で紹介したのは無香料のエプソムソルトですが、香りが入ってるのもありますよ。

エプソムソルト、ラベンダーの香りは、アマゾン限定のエプソムソルトです。

効能もたくさんあるし、オススメ。

香り付き、色付きで楽しみたいときはクナイプ↓と使い分け、です。

クナイプ(バスソルト)、温まる&リラックス効果で人気の入浴剤
バスソルトはクナイプがオススメ。ミネラルたっぷりで湯上りもポカポカ効果。種類も多く天然ハーブの香りは優しい〜春はユーカリ,リラックスはラベンダー,温めにはオレンジリンデン!トライアルセットも楽しめます

 

エプソムソルトのレビュー

使ってみての感想。(書くといいながら、遅くなっちゃってごめんなさーい)

1言でいうと、いい!  予想してたより、ずっといい!です。

エプソムソルトを入れて入ると、湯上りの体がポカポカ。
温まってるのがわかります。

 

見た目は、色もつかないので、普通の湯とかわらないんだけど。

香りも無香料を買ってると、なおさら。。。笑

 

クナイプも、別記事でオススメしてますが、正直いうと、今はクナイプよりもエプソムソルトばっかり使ってます。

理由はいくつかあります。

その中でも、最も大きな理由は。。。。

 

湯上りのポカポカ感、その持続する時間が長い気がするから。

湯に入っている間も、長めに入ってると、額にうっすら汗が出るのが早い。

 

クナイプも、黄色いやつ、オレンジリンデンバウムはとっても温まるので大好きなのです。

でも、その香りが、長く湯に入っていたり、毎日使ってると、香りが鼻についてくることもある。

 

その点、エプソムソルトは無香料だから長く湯に入っていられるし。(香りが欲しい時は、お気に入りの精油とかを1、2滴落とすのもいい)

ミネラル補給されてるかどうか、は正直、よくわからない。

でもミネラルがない入浴剤よりは、吸収してるだろうし。笑

 

値段がクナイプより安い! これは大きい違い、です。

毎日入れるものだから、気軽に使いやすい値段の方がいいですもんね。

最初のお試しは、1パックで、気に入ったら、大きめのパックで買うとお得度アップで、もっと安くなります。

 

シークリスタルスのエプソムソルトは、製造してる会社が、Amazonと楽天、Yahooで、直接販売しているので、他のエプソムソルトより、品質面でも、安心して買えるのもいい!です。

 

温まりたい、冷え性の方は、一度試してみてくださいね。

【Amazon限定】ラベンダー↓良い香り

 

気に入ったらお得サイズ↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナチュフリーライフ