スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物

ナッツで栄養(タンパク質等)効果的にとる簡単なメニュー!

栄養とタンパク質が豊富なナッツの写真(アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオ、クルミ、ヘーゼルナッツ)食べ物
スポンサーリンク

ナッツはそのまま食べてもおいしいから好きです。

栄養豊富なナッツは、タンパク質も取れるし、食物繊維やミネラルも取れる。

栄養がたっぷりの、健康効果が高い食べ物です。。

そんなナッツ、そのまま食べるだけではもったいない。

食事の時も食べて栄養を取れたら、もっと効果的なのになー、と思いませんか?

ですが、ナッツを使ったメニューで、簡単なメニューが思いつかないよー、

と思ってたら。。。

前にメモしてたレシピ(ドレッシングにして、おかずにかける!)を思い出したので紹介しますね〜。

スポンサーリンク

ナッツをドレッシング(タルタルソース風)にする

普段のおかずに、プラスするには、ドレッシングが使いやすいですね。

栄養豊富なナッツの栄養がプラスできて、味も良くなる。

簡単なのに、手が込んだ料理に見えるので、ウケもいいです。

アーモンドで栄養をプラス

アーモンドとマヨネーズを半分ずつ、混ぜるだけ。

アーモンドは、抗酸化作用とアンチエイジング効果ビタミンEが多いので有名ですが、グルタミン酸も豊富、です。

グルタミン酸といえば、うま味調味料の成分。

なので、マヨネーズにアーモンドを混ぜるだけで、うま味たっぷりのタルタルソース風ドレッシングの出来上がり!

塩味は、ローストナッツなどアーモンドに塩分がある場合は、追加しない。

素焼きなど、無塩のアーモンドなら、味をみて、不足なら少し加える。

カシューナッツで栄養をプラス

カシューナッツに、ヨーグルトを混ぜる。

それだけ、です。

カシューナッツは、糖分(甘み)が多く、ソフトな噛みごたえ。

なので、ヨーグルトに入れると合う!  んですねー。

他にも、クルミやヘーゼルナッツ、ピスタチオなども混ぜ比べして、味を試すのも楽しいです。

ナッツは便秘にも良い(整腸作用で)

ナッツは食物繊維が多いです。

腸を刺激して、の動き(ぜん動運動)を活発にしてくれます。

便秘に効きます。

ただ、だからと言って、食べ過ぎると、かえって便秘になる可能性があるので、食べ過ぎには注意! です。

だいたい1日20~25gまでと言われてます。

スポンサーリンク

ナッツを砕く(クラッシュしたい)方法

ひとつ気になる事。

ドレッシングにするためには、ナッツを砕く(クラッシュする)必要があります。

フードプロセッサーがあれば、ガーッと簡単、一瞬でクラッシュできます。

↓のフープロ使ってます。すごく使いやすいので気に入ってます。
Amaznonで買いました。

が、フードプロセッサーが無い方は、どうするか。

ビニール袋に入れて、すりこぎ棒などで叩く、っいうのが王道のやり方。

でも、ナッツをすりこぎ棒で叩くって、意外にやりにくいです。

だって、ナッツは固い。

しかも、じっとしてくれないから、叩きにくい。

(カシューナッツだけは柔らかいので、砕けやすいです)

そこで紹介されてたのが、次の方法。

ナッツを冷凍して砕く(クラッシュする)のがコツ?

ナッツを冷凍してから、砕く(クラッシュ)方法。

聞いたときは、ナッツの冷凍? って思いましたが。。。。

ナッツは、50~60パーセントが油分。

ナッツを冷凍すると、ナッツの脂分が固まって、組織がもろくなり、割れやすくなるんです。

6時間もあれば、凍るそうですので、意外に早い。

ナッツは、酸化に弱いので、夏は特に、冷凍するのも良さそう。

ただ、ナッツを冷凍すると、風味は落ちます。

ナッツの香りを生かす料理にするときは、冷凍せずに、少量を買って使い切るほうが良いですね。

ナッツの効果でタンパク質(栄養)を補う簡単メニュー

番組で紹介されていた簡単メニュー。

ハンバーグですが、普通のハンバーグより、タンパク質がたっぷり。

豆腐を使うので、カロリー低め。

ナッツの効果で、効率よくタンパク質を取れ、カロリー低め、栄養豊富のおかずです。

材料

  • 木綿豆腐         150g
  • とりのひき肉                      150g
  • クラッシュしたナッツ         適当に

木綿豆腐を水切りして、全部合わせて2分揉むだけ。

味付けは、使うナッツに塩分があるなら、そのまま、ナッツの塩分を利用。

塩分がないナッツ(素焼きナッツなど)なら、塩少々。

両面焼いてから、フタをして、蒸し焼きで、約3分ほど。

チーズをプラスでさらにタンパク質を補う

ここに、チーズをプラスすると、さらにタンパク質を補うので、オススメだそうです。

ナッツのデメリット。酸化してないものを選ぼう

前にも書きましたが、ナッツのデメリットは。。。

酸化に弱い、です。

いくら安く買えたとしても、酸化したナッツは、体に悪い。

体にいいと思って食べても、逆効果にならないように、信頼できるショップで、酸化していないナッツ、新鮮なナッツを買いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナチュフリーライフ