スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電

加湿器を捨てた! からの、選び方。超音波式を買わなかった理由

加湿器の選び方、メリットとデメリット。ヒーター式を買った理由家電
スポンサーリンク

のどのイガイガやウィルス対策で買った気化式加湿器でしたが、結露がイヤで、捨ててしまいました。

その後は、濡れタオルのみで加湿で過ごしています。

大満足だったのですが。。。

 

濡れタオルで加湿の記事は↓

結露なしの加湿器=濡れタオル、加湿器買う前に試してみて!
加湿器の選び方の前に、濡れタオルを試してみて!! 加湿器は結露に気をつけないとカビのリスクもありますよ。濡れタオルのメリットデメリットは何か? 電気代、手入れ、結露はどうか?について書いてますので参考にしてみてね

 

買い直したヒーター式加湿器の記事は↓

買った【ペットボトルの加湿器】小型で湿度がちょうど良い
室内の湿度が低くて咽がヒリヒリ。湿度計はLL!? 安いペットボトル式の加湿器を買ったのでレビューします。適正な湿度と言われる40%超えなるか?音はどう?とか迷ってる方の参考になりますように。

 

なぜ、濡れタオルのみで加湿、から、ヒーター式を買い直し、になったか。

その理由は上の記事を読んで頂ければ、と思います。笑

 

で、加湿器の選び方。

すごく迷って、調べまくって、ヒーター式加湿器を買いました。

 

4種類の方式がある加湿器の特徴やメリット、デメリット。

なぜ、その中から、ヒーター式加湿器を買ったのか、その理由、など。

書いてみます。

 

どの加湿器がいいか迷って選べない方、加湿器の違いがわからないので、困っている方に。

加湿器の選び方の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

加湿器の種類は4つ

加湿器は、たくさんあって迷うけど、大きく種類別に分けるとわかりやすいです。

  • 超音波式
  • 気化式
  • ヒーター式
  • ハイブリッド式

の4種類。

以下、それぞれを簡単に説明していきますね。

スポンサーリンク

超音波式の加湿器とは

超音波基盤が入っていて、その振動で加湿する仕組み。

 

前に記事に書いた、アロマのディフューザー、Heavenly Scentも、超音波式です。↓

アロマのディフューザー Heavenly Scentが販売中止?
超音波式のアロマディフューザー買おうと思ったら売ってない。カップが2重で壊れにくかったのにな買い替えの候補は無印良品のディフューザーが良さそう。霧の出が悪くなったらまたその時に考える位で丁度いい超音波式。壊れやすいから。。。

 

そうなんです。

超音波式のディフューザーは、超音波式の加湿器と同じ仕組み。

 

超音波式のディフューザーとは、加湿機能が少し劣る加湿器、とも言えます。

超音波式加湿器のメリット

 

本体が安いものが多い。

楽天で1位の超音波式の加湿器↓ も安いです。

 

電気代が安い

上で紹介した楽天1位のPRESSEの場合を例にすると。

消費電力14〜22W

1日8時間、30日使って(弱=14Wで運転の場合)、1ヶ月約87.36円

 

*ヒーター式に比べると格段に安い。

 

出てくるミストが熱くない

ミストの上に手をかざしても、全然熱くない。

子どもや、ペットがいる家庭でも安心です。

 

*ヒーター式は、出てくるミストが沸騰する蒸気そのもの。熱い!

 

超音波加湿器のデメリット

超音波の基盤に当たり外れがある(気がする)

その理由は、同じ商品を買った場合に、ひとつはミストの出が良いのに、もうひとつは、ミストの出が良くない時があったりするから、です。

 

またあと、「あれ?今日は蒸気があんまり出ない」ってこともあります。

 

*水タンクの温度も、ミストの出方に関係あるのですが。

 

水の雑菌・汚れはそのまま放出する

水の中にカビや菌がいた場合、水の中の菌も一緒に放出する危険性があります。(理由は、ヒーター式と違って、水を沸騰させないため)

 

なので、使用したら、水はすぐに捨てる癖をつける方がいいです。

こまめな掃除もしましょうね。

床が濡れる、という人がいる

床が濡れる、という苦情が多い。

 

理由は、いくつか考えられます。

まずは、部屋の湿度がすでに高めになっている場合。

ミストが空気中に蒸発せず、そのまま床に落ちて、濡れてしまいます。

 

あと、超音波式のミストは、蒸気ではないです。(お湯を沸かした時のような蒸気)

霧吹きでシュッシュッてした時のような水。霧吹きの霧よりは、粒子は小さいですが、おおざっぱに言えば、そんなものです。

ミストが、上に上がらず、すぐ下向きに落ちやすい。

なので、できるだけ、高い場所から、ミストが落ちるようにするのもコツです。

床に置いてると、高いところに置くより、余計に床が濡れやすいです。

 

また、強中弱、とあってもミストの量は、弱にする、方がいいかも。

湿度が低い場合は強で運転して、湿度がある程度上がったら、弱にする、としてみるといいかなーと思います。

 

ヒーター式加湿器

仕組みは超簡単です。

お水を沸かして、その蒸気をミストにしています。

 

仕組みは、電気式ポット、そのものです。

だから、ヒーター式加湿器って形もこんな形です。

 

メーカーも象印

大きさもポットと同じぐらい 笑

;

 

もっと小型のものもあります。

私が色々考えて買ったのは、↓のヒーター式&ペットボトル型のもの

 

ヒーター式加湿器のメリット

  • 水を加熱して(沸騰させて)、その蒸気をミストとするので、衛生的。
  • 蒸気が上に上がるので、床が濡れたりしにくい。
  • 手入れが簡単(電気ポットと同じような手入れでOK)
  • 大きすぎない(電気ポットぐらい〜小型のものまである)

ヒーター式加湿器のデメリット

  • 電気代が高い
  • ミストが熱い
  • ミストの出口も熱い
  • 湯を沸かすので、そのヒーター部分がカルキで白くなる

 

ヒーター式加湿器を買うか、買わざるか

手入れが楽で、衛生面もマル。

ただひとつ、悩むのは、電気代がかかるってことだけなんですよね。

 

上で紹介した象印のヒーター式加湿器だと、沸騰させたあと、65度で加湿するらしいので、

W数は、沸騰時が985W、加湿時(保温時)が305W。

 

問題は電気代だけ。。。

 

ってことで〜。

小型のヒーター式を買ったのでした。

 

だって、小型な分、消費電力が150Wと、少なめ。(消費電力が150Wなら、まあ許せる。笑)

加湿能力も、思ってたよりありましたから、これで十分です。

本体も安い。

加湿しすぎは嫌いなのだ。(結露が〜)

 

買ったのは↓

 

買った感想(レビュー)など詳しくは、↓でどうぞ

買った【ペットボトルの加湿器】小型で湿度がちょうど良い
室内の湿度が低くて咽がヒリヒリ。湿度計はLL!? 安いペットボトル式の加湿器を買ったのでレビューします。適正な湿度と言われる40%超えなるか?音はどう?とか迷ってる方の参考になりますように。

気化式加湿器

もう、過去のものになりつつある気化式加湿器。

少し前は、いろいろな気化式の加湿器があったけど、今はもうほとんど売ってません。

 

単品で気化式加湿器として販売するのではなく、加湿空気清浄機か、ハイブリッド型として販売になっています。

 

気化式加湿器は、水を吸わせたフィルターに空気を送り、水を蒸発(気化)させて湿度を上げる、という仕組みです。

気化式加湿器のメリット

  • 出てくるミストが熱くない
  • 本体が高くない
  • 電気代が安い
  • 壊れにくそう(フィルターとファンだけの簡単な構造なので)

 

気化式加湿器のデメリット

  • 本体がデカイ
  • 手入れが面倒
  • 加湿しすぎる

もう、このデメリットが苦になってたまらず。。。

数年使ったあと捨てちゃった。

気化式加湿器を買うか買わざるか

買って、使っていて、捨てた過去があるのに、買えないヨォ。

 

ハイブリッド型加湿器

2つの加湿器の特徴を混ぜたもの、です。

  • ヒーター式+気化式
  • ヒーター式+超音波式

です。

ヒーター式+気化式加湿器

フィルターで水を吸い上げて、それに温風を当て、ミストにする。

例えばこんな形のものです。

 

メリット

  • 出てくるミストが冷たくない。
  • 気化式(ヒーターのない)に比べて、もっと加湿の能力が高い。

 

デメリット

  • 電気代が高い
  • 本体が高い
  • 本体が大きい

 

ヒーター+超音波式加湿器

ヒーターで温めた水を超音波でミストにする

メリット

  • 加熱した水でミストするので、普通の(加熱しない)超音波式より衛生的
  • 本体が小さいものもある

 

デメリット

  • 電気代が高い
  • 本体が高い (ヒーター+気化式よりは安い)

ハイブリッド型、まとめた感想

本体が高い。

これに尽きます。

 

気化式ハイブリッドの方は、もう、デカイのがダメダメ。普通の気化式を捨てた経験があるのに、これを買うなんてありえなーい。

超音波式のハイブリッドの方は、超音波の基盤がそんなに持たない(壊れやすい)、と個人的に思っているので。。。ねぇ。

ハイブリッド型を買うか、買わざるか

なので、超音波式を買うなら、少しでも安い、普通の(ハイブリッド式でない)超音波式の加湿器で十分、ということに。

 

 

で、色々検討した結果、買ったのはこれ↓ 調べた結果なので大満足。白くて可愛い。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナチュフリーライフ